壁があっても公認会計士に絶対になりたい人に捧げるコラム集

このサイトで紹介しているコラムを読んで頂ければなるのが厳しいと言われている公認会計士でも頑張ってなってみようと思えるようになるのではないかと思います。

© 壁があっても公認会計士に絶対になりたい人に捧げるコラム集 All rights reserved.

公認会計士のデスクのイメージ イラスト

意外と皆さんの理解が追い付いていない公認会計士の実務要件について

公認会計士の実務要件は2年間あります。この二年間についてここでは見ていきましょう。

公認会計士試験に合格をしたら

公認会計士試験に合格をした人は実務要件をクリアしなければいけませんので、監査法人で働き始めます。実務経験の業務補助をするのですが、監査業務補助、実務従事の二種類があって、公認会計士の登録をするために必要な2年間以上の実務経験を経なければいけませんので、ここでクリアすることになります。

実務要件の緩和

数年前に実務要件は実は以前に比べると緩和されています。一般事業会社での財務業務でも良くなりましたし、コンサルティングファームでの財務分析などもこの要件をクリアすることができるようになりました。

これまでは監査業務補助がメインでしたがそうではなくなってきたのです。

監査法人への転職の予定がない人へ

もしも今後監査法人へは転職しないという人は、これから自分が就職する可能性がある場所は、この要件をクリアできるのかどうかは確かめておいたほうがいいでしょう。

クリアできない場所で働いても意味がありません。業務補助をしたという証明書を書いてもらえるところで働かなければ実務要件2年間をクリアしたことにはならないのです。

以前は監査法人への就職が一般的ではありましたが、緩和されてからは一般的とは言わなくなりましたので、その辺の条件がクリアされているのかどうかは確かめておきましょう。

コンサルタントを経験した人でその経験がそのまま本要件のクリアにつながったという人もいますので、比較的要件自体はそれほど厳しいものではありません。

公認会計士の実務要件2年間をクリアしようと思ったら要件を満たすところへ就職する必要がありますので、その要件がクリアされているかどうかは確かめる必要があるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
公認会計士の作業風景

公認会計士の補修所通学について事前に知っておくことで面倒事が回避できるかもしれません

公認会計士試験に合格してから実務要件2年間を経て、補習所通学があります。実はこれが意外と面倒な要件なので、これをクリアしなければいけないこと…

髭を生やしメガネをかけた公認会計士

公認会計士論文合格のために避けては通れない試験対策について考える

公認会計士の論文試験は難しいことで有名です。論文合格をするためにはどうすればいいのかここでは見ていきましょう。論文合格は最低限やるこ…

鉛筆で数字を書き込んでいくスタイルの公認会計士

公認会計士を目指すための勉強スケジュールを確認しておいてからプランを立てていきましょう

公認会計士試験を受験する場合は計画を立てた勉強をしなければいけません。とくに社会人で仕事をしながら受けようと思っている人は尚更計画が必要です…

ページ上部へ戻る